【鬼滅の刃】最終23巻描き下ろし8ページがヤバい!感想と追加のラスト紹介【ネタバレ】

12月4日にとうとう発売となった鬼滅の刃最終巻となる23巻。

少年ジャンプ掲載時から、涙必至のラストになることは分かっていましたが、それを超えるコミックス化となっていました。

まさかの漫画8ページと6ページからの計14ページが追加!

エピローグでも8ページの描き下ろし漫画が!

ここまで追加されるコミックスだと、本誌ジャンプで既に読んでいた人でも大満足となりますよね!\(^o^)/

いったいどのような内容が追加されたのでしょうか?

さらに、同日発売の外伝と23巻発売企画紹介も!

全国の新聞に鬼滅が載っている!?

順番に見て行きましょう!

目次

◆「鬼滅の刃」23巻あらすじと追加エピソード内容を紹介!

23巻は「鬼滅の刃」最終巻です。

当サイトでも、23巻最後の200話から205話までジャンプ掲載時から追いかけていました。

アースもジャンプで23巻内容については読んでいたので、内容は知っています。

最後の最後まで本当にあがき、ほとんどの柱を葬るまで抵抗し最後には炭治郎を鬼化までしてしまう鬼舞辻無惨。

しかし最後には禰豆子とカナヲの活躍により炭治郎は人間に戻り、鬼のいない未来が描かれ終わりました。

この展開はジャンプ掲載時と変わらないのですが、23巻コミックスにはジャンプ掲載時には載っていなかった追加エピソードが挿入されていました。

多くの初めて見る描写が登場していたのです。

  • 炭治郎実家帰宅後のドタバタ劇の追加…8ページ
  • 炭治郎の孫のおばあちゃんが語るエピソード追加…6ページ
  • エピローグ…8ページ
  • これだけの漫画が追加されていました。

    ちょっとびっくりの追加ボリュームですよね!

    これ、どうやらジャンプ掲載時にカットされたページのようです。

    これも驚きですが、ジャンプで読んでいた読者にはコミックスでも新たな感動が味わえ、嬉しいサプライズですよね。

    アースにとっては、そうでした!(笑)

    さらに描き下ろしイラストやあとがきも…

    贅沢な23巻となっていますよ!

    さて、そんな嬉しい23巻と同日発売の「鬼滅の刃外伝」も忘れてはいけません。

    「冨岡義勇」と「煉獄杏寿郎」の外伝とは、いったいどのような内容なのか?

    見てみましょう!


    ◆「鬼滅の刃」外伝あらすじと感想!

    「鬼滅の刃外伝」表紙より

    コミックスと同日発売された「鬼滅の刃外伝」。

    「冨岡義勇外伝」が前・後編の2話。

    「煉獄杏寿郎外伝」が前・後編の2話の外伝が収録されています。

    さらに、かわいいちみキャラ話の「きめつのあいま」が全25ページ25話収録されています。

    「冨岡義勇外伝」は、胡蝶しのぶとのある任務についてのエピソードとなっています。

    悲しい展開ながらもコミカルな二人のやり取りもある、一読の価値ある話となっています。

    「煉獄杏寿郎外伝」は、煉獄杏寿郎が炎柱になった際のエピソードとなっています。

    実は甘露寺蜜璃の育手が杏寿郎だった、というサプライズネタもありながら熱い、煉獄杏寿郎らしい話となっています。

    「鬼滅の刃外伝」は、読むと本編をさらに楽しめる素晴らしい内容となっています。

    鬼滅ファンならばぜひ、読んでおきたい一冊ですね。


    ◆鬼滅の刃最終巻発売記念企画!進撃の巨人でも?

    「鬼滅の刃」発売日には様々なイベントが行われていましたが、全国紙新聞5紙による鬼滅キャラ広告掲載もそのひとつでした。

    それぞれのキャラの名言と作者からのメッセージには、かなりグッと来ます。

    ぜひ見ておきたいですね!

    同じく最終話が近い進撃の巨人ですが、進撃の巨人最終話発表時にもこのようなイベントがあるのでしょうか?

    進撃の巨人 ネタバレ考察【アース...
    進撃の巨人最終回の結末と34巻まで伏線まとめ!音の回収と最終コマから予想 11月発売の別冊マガジンにて134話まで進んでいる「進撃の巨人」ですが、間違いなく最終盤を迎えていると言えるで…

    鬼滅と同じく1億部突破している進撃の巨人最終巻発売日にも、ぜひ全国紙広告のようなイベントを期待したいです!(号泣)

    アニメも始まりますし…

    今度は進撃が盛り上がっていって欲しいですね。

    鬼滅の刃最終巻に次の進撃の最後をイメージしてしまうアースでした!

    https://animenb.com/finalseason-housouyotei-d-47402
    https://animenb.com/newvoiceactor-announcement-48215
    https://animenb.com/season4inter-voiceactors-48734
    https://animenb.com/attack-on-titan-spoiler-consideration-36600

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメント一覧 (2件)

    • 田舎の本屋ですが、発売日にうず高く積み上げ
      られていました。
      まあ いくら話題作とはいえ、こんなに売れない
      だろう? と思っていましたが、よもやよもや
      一日で完売!
      どうなっているんだ、よもや一家に一、二冊状態
      かとしか思えないです。

      さあそんな人気の秘密ですが、私は少女マンガと
      少年マンガの絶妙な融合にあると感じます。
      例えば、追加ページの人物紹介ですが、事細かで
      丁寧な説明とか 少女マンガ特有です。
      少女マンガでは、こういう説明書きが 本ページの
      合間にちょこちょこ出てきます。
      ただし、少年誌でそれをやるとウザったくなるので
      しょう。
      そこで 少年誌ぽい迫力、スピード感、効果音などで
      少女マンガ感を払拭し、融合させているのが本作の
      最大の特徴ではないかと思います。

      現在「ポスト鬼滅」と目される作品がいくつか取り
      ざたされています。
      が、世界観などが似ていても 少年マンガの範疇で
      あり、鬼滅とはチョット違う様に感じます。
      少女マンガ的要素を少年誌に大抜擢した、編集部の
      手腕がとても大きいと思います。

      • >少女マンガ特有
        同感です。やはり作者の吾峠先生が女性というのが大きいのかもですね。
        進撃もこれくらい話題になるラストを迎えて欲しいな、と感じています。

        管理人アース

    コメントする

    目次
    閉じる